群馬の高校生に向けたキャリア学習プログラムを届けるNPO法人DNA

TELMENU
HOME
初めての方へ
学生メンバー紹介
DNAの取組
センパイになる
ご支援・ご導入
お知らせ
サイトマップ
お問い合わせ

NEWSお知らせ

コロナ時代のキャリア教育 立ち向かう姿 教材に - 上毛新聞

2020.07.06 メディア掲載

2020年7月6日付、上毛新聞(群馬地方紙)にぐんま国際アカデミー(GKA)中等部9年生にオンラインで実施した探究学習に関する内容を取り上げていただきました。

 

(記事より抜粋)

講師を務めたのは料理店のシェフと信用金庫職員。それぞれ職場から参加し、パソコンの画面越しに生徒に語り掛けた。生徒はチャット機能などを使いながら意見を交わした。
(中略)

進行役の沼田さんは、永田さんが馬場さんら店側のニーズ把握に努めた点、サイト上では「店を助ける」ではなく「店が消費者の自粛生活を彩る」という姿勢を出した点が利用実績に結び付いたと指摘。「社会はこうした人の思いや工夫で動いている」と訴えた。GKAは昨年度から9年生の段階で、社会の話題を選び、校外に出て当事者のニーズを調べ、解決策を考えて行動する授業を実践している。
(中略)

公立高校の限られた資材でも講義ができないか、試行錯誤は続く。社会をより良くしようとする大人の営みは、「新型コロナの問題を子どもも共有できている今こそ、より伝わる」と考えるからだ。

【NPO DNAより】授業の裏側―。

今回記事に取り上げていただいた授業について、実はこの間、担当の先生とは一切リアルでお会いして打合せを行わず、すべてリモートで行い、取り組んできました。

授業当日も、ぐんま国際アカデミーに登校している生徒は約半数、それ以外の生徒は自宅からの参加。先生方は学校にいらっしゃいましたが、私たちNPO DNAの運営スタッフ4人ともに高崎・前橋・富岡とバラバラ、ゲストお二人もバラバラに参加いただきました。

チャット、ブレイクアウトルーム(グループに分かれて話が出来る機能)、ドキュメント、画面・動画共有などの機能を駆使しながら、学びを深めていくために必要なことを検討し、授業実施に至ります。

【NPO DNAより】授業の裏側―。

「社会とともに動いている感」を生徒に感じてほしい-。

そんな想いを抱いた担当の先生から始まった今回の授業。協力していただいたゲストお二人はじめ、見えないところでお力添えいただいているすべてのみなさまに、心より感謝申し上げます。

すでにもう社会の担い手である中学生が、ひとつずつ身の回りのことからより良くしていく営みを行い、学んでいく姿を、これからも伴走してまいります。
興味・関心をお寄せのみなさんへ。
本記事をご覧いただき、誠にありがとうございます。

NPO法人DNAでは、群馬の10代が社会とのつながりを実感しながら成長していく地域社会の実現を目指しています。そのためには、みなさんの力が必要です。ぜひ10代の成長を学びを支える仲間として、ともに創りませんか?


【授業「未来の教室」を担うセンパイ ( ボランティアスタッフ )募集】
[募集ページ]
https://volunteer.npo-dna.org/


【毎月1,000円~継続的に支援する「DNAサポーター」募集】
[募集ページ]
http://npo-dna.org/support/supporter.html

【授業「未来の教室」等の授業導入に関するお問い合わせ】

[問合ページ]
http://npo-dna.org/support/program.html

【企業・NPO・団体連携等のお問い合わせ】
[問合ページ]
http://npo-dna.org/support/collaboration.html

お問い合わせ

寄付して応援