群馬の高校生に向けたキャリア学習プログラムを届けるNPO法人DNA

TELMENU
HOME
初めての方へ
学生メンバー紹介
DNAの取組
センパイになる
ご支援・ご導入
お知らせ
サイトマップ
お問い合わせ

NEWSお知らせ

群馬ふるさとづくり賞 高崎のNPO「DNA」表彰-読売新聞

2019.07.02 メディア掲載

2019年7月2日付、読売新聞にて、群馬県地域づくり協議会主催「群馬ふるさとづくり賞」を受賞したことが掲載されました。
令和初となる賞をいただき、一層気を引き締めて今後も教育活動を展開してまいります。

(記事抜粋)

「DNA」は、2004年に発足。県内の高校と連携し、生徒と地域社会をつなぐカリキュラム「未来の教室」を展開している。このカリキュラムは、大学生や社会人ボランティアが体験談などを披露しながら生徒と対話し、生徒が自ら高校生活の送り方や将来について考えるきっかけを作っている。

以下、DNAスタッフ一同より、感謝申し上げます。

【令和元年度 群馬ふるさと賞 受賞について】

【群馬ふるさと賞 受賞】について、多方面からお祝いのお言葉を頂き、誠にありがとうざいます。

今回評価していただいたのは、私たちが2013年頃から試行を始め、2015年に形になった授業「未来の教室」についてです。

群馬の中高生が、センパイ(大学生・社会人ボランティアスタッフ)との対話を通じて、価値と内発性に気づき、未来を語り合う2時間の授業です。

2015年には生徒150名、センパイ21名から始まったこの授業。

これまで、
■2016年度:生徒1,511名 、センパイ210名
■2017年度:生徒2,032名、センパイ650名
■2018年度:生徒2,351名、センパイ700名
と年々、群馬の10代の成長を支えるために、多くのみなさんにお力添えをいただきました。


今回の受賞は、これまで授業を通じて10代の成長を支えようとともに届けてきたセンパイたちの存在あってこそです。

今後とも、様々なみなさんにお力添えいただきながら、群馬の10代の学びと成長を支える地域社会を目指していきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。


 NPO法人DNA 一同

ーーー
以下、受賞の際に申し上げた
代表・沼田からのご挨拶です。
( 一部抜粋 )
ーーー
この度は、群馬ふるさとづくり賞に選んでいただき、誠にありがとうございます。

2人に1人が「自分には価値がない」、そう答える現状が10代にはあります。そんな彼らが、“目の前のことをこうしていこう”という意欲と”自分が動けば物事は良くなっていくんだ”というしなやかな心を手にしていくために、これまで私たちは「未来の教室」という授業を届けてきました。

初めて「未来の教室」を届けた時、「私、今からでも変われるんですね」と口にした高校生がいました。センパイたちのあたたかな関わりによって生まれた、その子自身の価値と可能性の気づきを、これからも群馬の10代に届けていきたいと考えています。


この度は、誠にありがとうございました。

興味・関心をお寄せのみなさんへ。
NPO法人DNAでは、寄付で支える、授業導入、ボランティア参画、と様々な関わりから群馬の10代を支える方々を募集しています。

ぜひ、お力添えいただけないでしょうか?


【毎月1,000円~継続的に支援する「DNAサポーター」募集】
[募集ページ]
http://npo-dna.org/support/supporter.html
[サポーターの声]

自分が高校生の時にはまだインターネット環境もなく、色々な情報を簡単に手に入れることができませんでした。

社会人との接触や職場体験のようなものもありませんでした。母親は早くに他界し、父親は私と兄を食べさせるのに懸命でしたから社会の話をする余裕はありませんでした。

結果、私は高卒翌日から社会に出て働き、年上の人たちと触れながら小さな世界を徐々に広げていってとても時間をかけて現在の仕事に就いています。


たどってきた道や悩み考えてきた経験は今無駄にはなっていませんがもう少し社会がどんなものか知る機会があったら、もう少し早くたどり着けた場所があったかもしれません。

多感な高校生には人生を堂々と生きて欲しいと思っています。

DNAの活動は、今の私には全く手が出せないやりたくてもやれないことを実践してくれているのでマンスリーサポーターとして応援しています。



【授業「未来の教室」等の授業導入に関するお問い合わせ】

[問合ページ]
http://npo-dna.org/support/program.html
[先生の声]
実施してみて特に感動したのが、参加してくれた先輩方の熱意である。本校の生徒は、その熱意のおかげで積極的に話を聞き、自分の将来について考えることができた。体育館を包んだ先輩方と本校生徒の熱気を感じ、この授業はうまくいったなと実感できた。

【授業「未来の教室」を担うセンパイ ( ボランティアスタッフ )募集】
[募集ページ]
https://volunteer.npo-dna.org/

[センパイの声]
私にとって「未来の教室」は「自分と向き合うこと」です。未来を創ったりするためには、自分と向き合い、まずは自分を肯定していくこと。「未来の教室」は、高校生にとっても、センパイにとっても、それができる場所だと思います。事前研修でもセンパイ同士が、当日の現場では高校生とセンパイが「想いを伝えること」と「受け止めること」。その2つのやりとりがあってこその「未来の教室」だと思います。

【授業「未来の教室」を担う学生プロジェクトメンバー募集】
[募集ページ]
http://npo-dna.org/news/20190406.html

【教育環境を目指すために企業・NPO・団体連携等のお問い合わせ】
[問合ページ]
http://npo-dna.org/support/collaboration.html

お問い合わせ

寄付して応援