群馬の高校生に向けたキャリア学習プログラムを届けるNPO法人DNA

TELMENU
HOME
初めての方へ
学生メンバー紹介
DNAの取組
センパイになる
ご支援・ご導入
お知らせ
サイトマップ
お問い合わせ

NEWSお知らせ

【締切6/19(水)】社会に開かれた学びカンファレンス‐6/22(土)開催

2019.06.12 お知らせ

■申込は、特設ページから。
■ゲストプロフィールは、こちらのページから。

社会とつながりながら多様な人々との対話を通じて学ぶこと、

安心してチャレンジできる日常を手に入れること、

「この学びは、自分で深めたんだ」と思える実感をもつこと。

 

10代の中高生が、群馬の至るところで、

社会とのつながりを手にしながら

豊かに学んでいける地域社会を目指して。

DNAは「子ども・若者と、社会をつなぐこと」をミッションに、
学校の授業を通した教育活動を、群馬の中高生に届けてきました。

 

そんな中で、様々な想いや考えを抱き、

様々な環境に属し、日々揺れ動きながら10代を
過ごしている中高生に出会ってきました。

 

 

目的を持って部活動に一生懸命に過ごしている子も、
挫折ばかりの過去を引きずっている子も。

将来に向けて前向きに取り組んでいる子も、
家族と上手くいかずに辛い想いをしている子も。

友だちと切磋琢磨しながら過ごしている子も、
ちょっと社会をナナメから見て楽しんでいる子も。


“10代”という、
かけがえのない時期を過ごしている群馬の中高生が、
意欲としなやかな心を抱き、
日々を過ごしていけるにはどうしたらよいのだろう?


そんな想いをもった私たちは、
今年7月に、創業15周年を迎えるにあたり、

「社会に開かれた学びカンファレンス」を
6月22日(土)に開催します。

 

群馬や、教育に携わる一人ひとりが、

日々考えていること、
知りたいこと、
学びたいことを言葉にしながら、

みんなで探究していく日です。

参加者のみなさんと、ともに考え、ともに学ぶことを通じて、

ここ群馬で実現していきたい
これからの教育の未来を、描いていきたいと思います。


さあ、
「社会に開かれた学びカンファレンス」の開催です。

「社会に開かれた学びカンファレンス」
「社会に開かれた学びカンファレンス」

【名 称】 社会に開かれた学びカンファレンス
     ‐これからの教育の未来を、8つのテーマから探究する

【日 時】 2019年6月22日(土) 13:00 – 17:30 ( 開場12:30- )
      ※交流会18:00-19:00 ( 同会場にて )

【場 所】  高崎経済大学7号館 / 群馬県高崎市上並榎町1300

【参加費】 社会人1,500円
      学生 ( 大学生・短大生・専門学生 ) 500円
      高校生以下無料

※当日、現金でお支払いください。
【対 象】 群馬、そして教育に関わりやご関心のある方 
      (高校生・学生・社会人問わず)

【定 員】 150名  ※先着順。申込多数の場合は、締切可能性有
【締 切】 2019年6月14日 (金) 20時まで
      延長しました! 6月19日(水)21時まで

【申 込】 「社会に開かれた学びカンファレンス」特設ページよりお申込ください。
      

【流 れ】

12:30    | 開場

13:00-13:20 | オープニング・チェックイン

13:20-14:30 | パネルトークセッション

 「これからの教育の未来は、何を目指していくのか?」
 登壇者:大宮 登 氏[高崎経済大学 名誉教授]

     大森 昭生氏[共愛学園前橋国際大学 学長]

     丸橋 覚 氏[群馬県立高崎北高等学校 学校長]

 進 行:沼田 翔二朗[NPO法人DNA 代表理事]

14:45-16:05 | 探究セッション

 「これからの教育の未来を、8つのテーマから探究する」

 8つのテーマから1つ選んでご参加いただきます。

16:15-17:10 | ダイアログセッション 

 今日ともに過ごした一人ひとりが気づいたことの振り返り。

 進 行:辻岡 徹也[NPO法人DNA 事務局長]

17:10-17:30 | クロージング・チェックアウト

※カンファレンス終了後、同会場にて18:00よりDNA創業15周年を祝した懇親会を開催します。もっと話したい人、考えたい人はどなたでもご参加いただけます  ( 軽食費1,000円 )

パネルトークセッション
「これからの教育の未来は、何を目指していくのか?」

これまで群馬県における大学生、高校生を中心とした若い世代を取り巻く教育環境をよりよくするために牽引されてきたゲスト3名と、代表理事・沼田含めた4人のトークセッションです。

牽引されてきた方々が、どのような想いで教育に取り組んできたのか?これからどのような方向に向かうべきなのか?について、4人のトークセッションから、これからの方向性について参加者全員で考えていきます。

 


一人目のゲストは、高崎経済大学名誉教授であり、DNA創設者である大宮登さんです。
パネルトークセッション

大宮 登氏 [高崎経済大学 名誉教授]

現在、日本には 「地域」を冠とした諸大学が存在しますが、その元祖というべき高崎経済大学の 「地域政策学部」は、1996年に創設されました。その動きの中心であった大宮登氏。2004年に、当時のゼミ生を中心に若者社会活動支援NPO法人DNAを創設。 「個人化する社会」の“負の克服”を目指して、大学生が社会と関わる機能を果たすべく、若者自身の様々な社会活動を後押し。創設した想いと、教育に対する考え方に迫ります。


二人目のゲストは、共愛学園前橋国際大学 学長の大森昭生さんです。

大森 昭生氏 [共愛学園前橋国際大学 学長 ]

全国の大学の学長が選ぶ教育で評価すべき大学 「大学ランキング」で、全国5位。「教室で理論を学び、同時に地域や世界で実践する。自分の言葉で自分の学びの意義と成果を表現できることになることが、人生100年時代を生きる糧になる」と表現する大森氏。2020年度の大学入試選抜試験が、現行のセンター試験から大きく変わることも相まって、いま大学がどのようなことを目指して改革をしているのか?その考えに迫ります。


三人目のゲストは、群馬県立高崎北高等学校 校長の丸橋覚さんです。

丸橋 覚氏 [群馬県立高崎北高等学校 学校長]

「未来を拓く人」を育てる高崎北高等学校。2019年度から先行実施される新学習指導要領。これからの時代を見据えた教育改革が、いままさに高校現場で行われています。そんな中で「高校生活において、生徒自身が自分の“原点”となることを見出し、未来を拓くために様々なことに取組み、学びを創り出していってほしい」と表現し、“社会に開かれた教育課程”を真正面から実現したいと語る丸橋氏の考えに迫ります。



そしてDNA代表理事の沼田とともに、この日にしか聞けない4人のトーク。
シナリオどおりに行かない、その場でしか4人の対話を存分に味わいましょう。

探究セッション
「これからの教育の未来を、8つのテーマから探究する」

本セッションでは、8つのテーマに分かれて、参加者全員がそれぞれに探究していきます。テーマホスト(担当者)は、いずれも10-40代の高校生 ・大学生 ・社会人。「教育」を大きなキーワードに、立場や世代を越えて対話することを通じて、テーマを探究していきます。

探究セッション

【テーマA】 高校生・保護者・教員、みんなで語る!未来の高校教育とは?

「主体的・対話的で、深い学び」を実現するために、現場の教員を始め、生徒、保護者も知恵を出し合い、仲間をつくり、授業を始めとする教育活動に活かすための探究です。

【ホスト】  中村嘉宏氏・岡本隆司氏 [群馬県立高崎北高等学校 教諭]

【ともに探究したい人】 これからの教育を考えていきたい全ての人

高校生、高校生の保護者、授業をよりよく高校教員,企業経営者、人事担当者

♯高校教育・探究学習  ♯社会に開かれた教育課程  ♯アクティブラーニング  ♯総合的な探究の時間  ♯カリキュラムマネジメント  ♯探究型インターンシップ

【テーマB】 子どもたちが前向きな未来を思い描くために、地域の大人ができることってなんだろう?

親でもなく、先生でもない、子どもと地域とともに暮らす大人たちができることについて、富岡で取り組んでいる実践から探究していきます。

【ホスト】  河原望未氏[富岡市職員]

【ともに探究したい人】 地元、地元の子どもたちを応援したい人

「地元」について一緒に考えたい人、学生(高校生、大学生)、教員、親、20代30代で自分のキャリアについて考えたい人(これまでどうして来た?これからどうしたい?)

#高校卒業後の未来って?   #地域と子どもとのつながり   #人口流出   #人財育成

 

【テーマC】学校以外の“学びの選択肢”? 子どもが安心して学べるフリースクールの可能性とは?

子どもたちが多様な学びの選択肢を手に出来る教育環境を実現するために学校外の学び、特にフリースクールの今後のあり方について探究します。


【ホスト】  市村均光氏[NPO法人ターサ・エデュケーション理事長]

【ともに探究したい人】  「学校外の学び」の可能性について考えたい人

フリースクールに興味がある大学生・社会人・先生、学校だけに任せる教育を何とかしたい先生・保護者・PTA・学生、自分の居場所を探している学生

♯学校外の学びの可能性 ♯フリースクール ♯教育機会の解消 ♯学校に行かないことはダメなこと?

 

【テーマD】教育の力を最大化するために!これからの学校と地域・企業・大学の連携の形とは?

学校と地域の企業・行政・市民が手を携えて、様々な関わりをもてるためのアイディアや考えを出しながら、その可能性について探究します。

【ホスト】  浅岡祐平氏氏[元教員]

【ともに探究したい人】  教育における連携・協働について考えていきたい人

学校の外から力を借りたい教員、学校に力を貸したい大人・企業・大学生

#教育における連携・協働  #学校と社会それぞれのニーズ  #産地学連携  #地域に開かれた教育課程

 

【テーマE】人生100年時代における「学び続けられる力」の大切さと、育むための私たち大人の役割とは?

「主体性の育成」・「学びに向かう力・人間性の涵養」…どうしたらそんなことが実現できるのか、18歳までに身につける資質・能力について探究します。

【ホスト】  森田清氏[株式会社リクルート北関東マーケティング高校支援事業部]

【ともに探究したい人】  「学び続ける大切さ」を実感している人、考えたい人

主体性の育成について興味関心のある先生、社員の主体性の育成に関心のある企業人

♯主体性の育成  ♯学びに向かう力・人間性  ♯人生100年時代  ♯ティーチングからコーチングへ  ♯対話


【テーマF】ともに悩もう、ともに語ろう!将来や人間関係で『困った』と感じている子に対して、私たちができることとは?

ひとりの力だけでは解決できない“様々な困りごと”を抱えている子どもに、学校や家庭の大人はどう接したらよいのか?について探究します。

【ホスト】  阿部紀之氏、瀧本大仁氏[群馬県立桐生西高等学校]

【ともに探究したい人】  困っている子への対応に悩んでいる教員や保護者

「子どもを元気にさせたいと思っても、その声がけ、関わり方がよく分からない保護者」、「悩んでいるときに、こんな関わり方に救われた!(あるいはむかついた!)という経験がある学生」、「生徒への指導・関わり方に『これでいいのかな…』と悩んでいる教員」、「困り感を抱える生徒に対して学校がどう関わっているか、その実情に興味がある方」

♯子どもの自己否定  ♯無力感  ♯コンプレックス  ♯漠然とした不安・焦り・苛立ち


【テーマG】探究Start UP!! 学びを競い合える探究仲間に出会おう!

「探究」って聴いたことありますか?自分の興味・関心・もやもやすることから、自分自身で学びを深めていくことです。「この町を元気にしたい」「留学経験のある人の経験談をシェアしたい」「高校生同士でディスカッションの場をつくりたい」「血のつながりのない家族は、本当の家族と言えるの?」…そんな自分の内側にある“学びの種”を見出していく時間です。

【ホスト】  群馬県内の有志高校生

【ともに探究したい人】  探究的な学びを自分でも進めてみたいと思う高校生

高校生限定(県内外、市内外問わず)

♯探究的な学びって?  ♯実際に自分でも始めてみる  ♯日々を探究に  ♯探究仲間との出会い


【テーマH】授業「未来の教室」は、群馬の10代を支える授業になっているの?

2人に1人は「自分には価値がない」と答える日本の高校生。そう答えるのは何故でしょうか?そんな風に感じながら日々を暮らす10代を支えるための授業「未来の教室」で行う“対話”がもたらす可能性について探究します。

【ホスト】  センパイ

【ともに探究したい人】  「自己肯定感が低い」と呼ばれる教育課題の解決を模索したい人

センパイ経験者、授業「未来の教室」に関心がある人、教育NPOの事業成果を探究したい人

♯対話的な学び  ♯授業「未来の教室」とは?  ♯センパイ(大学生・社会人)  ♯5年間の成果と課題  ♯中高生7,500名とセンパイ1,000名の授業

ともに考え、ともに学ぶ。
ともに考え、ともに学ぶ。

「教える者、教わる者」

「経験している者、経験していない者」

「知っている者、知らない者」

「子ども、大人」

 

そんな関係を越えて、ともに考え、ともに学びたい。

小さなやり取りから生まれる豊かな学びを。

 

日々、私が感じていること、考えていること、気づいたことを

開けば、きっと、それは豊かな学びの始まりです。

 

社会に開かれた学びカンファレンス

‐これからの教育の未来を、8つのテーマから探究する

 

チラシダウンロードは下記より。

印刷してお使いください。

Desined by 斉藤翔/ばったさん

 

開催概要

■申込は、特設ページから。
■ゲストプロフィールは、こちらのページから。

 

【名 称】 社会に開かれた学びカンファレンス
     ‐これからの教育の未来を、8つのテーマから探究する

【日 時】 2019年6月22日(土) 13:00 – 17:30 ( 開場12:30- )
      ※交流会18:00-19:00 ( 同会場にて )

【場 所】  高崎経済大学7号館 / 群馬県高崎市上並榎町1300

【参加費】 社会人1,500円
      学生 ( 大学生・短大生・専門学生 ) 500円
      高校生以下無料

※当日、現金でお支払いください。
【対 象】 群馬、そして教育に関わりやご関心のある方 
      (高校生・学生・社会人問わず)

【定 員】 150名  ※先着順。申込多数の場合は、締切可能性有

【締 切】 2019年6月14日 (金) 20時まで

【申 込】 「社会に開かれた学びカンファレンス」特設ページよりお申込ください。

【主 催】 特定非営利活動法人Design Net-works Association ( DNA )
【協 力】 NPO法人あかぎの森のようちえん、NPO法人ターサエデュケーション、NPO法人キッズバレイ
【後 援】

群馬県教育委員会、高崎市教育委員会、富岡市教育委員会、桐生市教育委員会、太田市教育委員会、上毛新聞社、朝日新聞社前橋総局、毎日新聞前橋支局、東京新聞前橋支局、読売新聞前橋支局、産経新聞前橋支局、時事通信社前橋支局、群馬テレビ、FM GUNMA、ラジオ高崎、朝日ぐんま、日本地域政策学会、キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会、群馬中小企業家同友会

【問 合】 問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせ

寄付して応援