群馬の高校生に向けたキャリア学習プログラムを届けるNPO法人DNA

TELMENU
HOME
初めての方へ
学生メンバー紹介
DNAの取組
センパイになる
ご支援・ご導入
お知らせ
サイトマップ
お問い合わせ

NEWSお知らせ

群馬における「子どもの貧困」に迫る-ターサ・エデュケーションの取組から見る子どもの実情

2019.01.09 お知らせ



「子どもの貧困」 
― 厚生労働省によれば、日本の子どもの貧困率は13.9%(2015年)で、17歳以下の子どもの約7人に1人が経済的に困難な状況にある。

近年、メディアでも取り上げられることが多く、目にした方や耳にした方は多いのではないでしょうか?また、その情報を受け取った時、「何かしたい」と思って行動に移した方も少ないかもしれません。

 

ここ群馬の子どもたちは、どのような現状に置かれているのでしょうか?

今回の&peopleでは、群馬県の子どもたちに対して学習支援等の取組を行うNPO法人ターサ・エデュケーション理事長の市村均光さんをお招きします。

 

 

現在、ターサ・エデュケーションでは、児童養護施設に住む子どもたちへの個別学習支援活動「フレーベン」、主に不登校の小中高生対象のフリースクール「こらんだむ」等の取組を通じて、子どもたちに携わっています。

 

これまでの取組を通じて、「課題の構造」を明確にしながら、「子どもの実情」に寄り添った活動を行ってきました。

 

 

たとえば「フレーベン」の活動において、個別の学習支援の取組を行っている理由を、次のように示しています。

(参考:NPO法人ターサ・エデュケーション)



また「こらんだむ」においては「ライン@」のアカウントをもち、保護者や子どもたちとの接点をつくってきました。

最近では、群馬のお隣の長野県においては、いじめ対策の一環として「ライン@」での相談窓口を開設するなどの取組もありますが、こらんだむにも日々連絡が来ています。

 

ある日、そのラインにひとつの子どもから連絡がきました。

その連絡からやり取りすること、400回。そのやり取りを通じて、ひとりの子どもの実情が見えてきたこともあるそうです。

 

 

今回の&peopleは、ターサ・エデュケーションの取組から、メディアだけではみえづらい「子どもの実情」を見つめていきます。

【こんな人におススメ】

□メディアの情報だけではわからない「子どもの貧困」の実情を知りたい人

□社会課題に対して自分にできることは何か模索している人

□学校教育に携わる中で「子どもの教育環境」をよりよくしたいと思っている人

□お子さんのことで悩まれている人

□将来教員を目指している人 など

【「&people004」開催概要】

■日時:2019年2月14日(木)19:00-21:00 (開場18:45)

■場所:DNA事務所(群馬県高崎市鞘町10 立駐高崎ビル3F 高崎中部名店街内)

・JR高崎駅より徒歩10分

・指定駐車場はございません。お近くの有料駐車場をご利用ください。

■ゲスト:市村均光さん/NPO法人ターサ・エデュケーション理事長

■プログラム(予定):ゲストトーク、参加者セッション他

■定員:20名(先着順、定員になり次第終了)

■参加費:高校生:無料、大学生:500円、社会人:1,000円、DNAサポーター・センパイ:500円

 ※頂いた参加費のうち、諸経費(資料代)を抜いた全額を、ゲストが代表を務める団体に寄付いたします。

■申込:申込フォームより

https://goo.gl/forms/zvtcUBgIoAECuogI3

■問合:ご質問などは、senpai[at]npo-dna.org(担当:辻岡)までお問合せください。

※[at]は@に変えてお送りください。

【ゲストプロフィール】

■ゲストプロフィール
1985年生まれ前橋市出身。山梨大学教育人間科学部卒業後、前橋市の学習塾に1年勤め、小中高の数学・理科の専任講師としてコーチングや受験指導を行う。退職後、高崎市役所に入庁し、こども家庭課に配属。通算500以上の母子家庭と関わり、母子家庭の子どもの貧困状況と子どもの低学歴に衝撃を受け、地元公民館で無料学習会を企画する。その後、母の紹介により群馬イノベーションアワードの存在を知り応募し、第1回のファイナリストとして登壇した。その後経営者が集う群馬イノベーションスクールに入校。翌年2015年NPO法人ターサ・エデュケーションを設立。子どもの貧困、社会的養護、不登校の課題解決に向けた活動を実践している。
現在群馬県PTA連合会理事、前橋市青少年推進員副会長、群馬大学ゲスト講師等を務めている。

■NPO法人ターサ・エデュケーション https://tasa-education.jimdo.com/
「子どもたちの可能性をフェアにする」をミッションとし、子どもの貧困問題を解決するために活動しています。この問題を解決するためには貧困等の世代間連鎖を断ち切ることが最も重要であると考えており、「子どもの教育格差」「社会的養護」そして貧困と親和性の高い「不登校」の課題解決に取り組んでいます。
【これまでの「&people」】
【開催レポート】&people004 - これからの学びの当たり前?「探究学習」のつくりかた。
http://npo-dna.org/news/201800910.html

【開催レポート】&people003 - きょうちゃんと学ぶ、高校生に寄り添うセンパイの関わりと対話について
http://npo-dna.org/news/20180909.html

【開催レポート】&people002 - 黒田朋子さんに学ぶ“ライフサカス”な生きる姿勢と、そのアクション
http://npo-dna.org/news/20171125.html


お問い合わせ

寄付して応援