【開催報告】DNA事業報告会2018-社会に開かれた教育課程をカタチあるものにするためには?

TELMENU
HOME
初めての方へ
学生メンバー紹介
DNAの取組
センパイになる
ご支援・ご導入
お知らせ
サイトマップ
お問い合わせ

NEWSお知らせ

【開催報告】DNA事業報告会2018-社会に開かれた教育課程をカタチあるものにするためには?

2018.09.16 活動レポート

2018年6月30日、ちょっぴり早い梅雨明けとともに暑さが厳しくなってきた中、DNA事業報告会2018を開催することができました。
今年は、日頃からともに教育活動に取り組む総勢90名ほどのみなさんが参加してくださいました。

お越し頂いたみなさん、ご関心をお寄せくださったみなさん、本当にありがとうございました。


今年の事業報告会のテーマは「社会に開かれた教育課程をカタチあるものにするためには?」でした。
「開かれる≒じぶんを開くことから」ということを念頭に、立場・所属・年齢を越えて、全員との対話を通じてこれからの群馬の教育に大切なことを考えていきました。

当日の様子をレポートしますので、ぜひ当日のあたたかさを感じながらご覧下さい。
■社会に開かれた教育課程とは-?
今年の司会進行は、2018年度学生職員(コアメンバー)として活動する大学3年生の橋本。始まる前から参加者のみなさんの和やかな雰囲気に包まれて会がスタートしました。
■社会に開かれた教育課程とは-?
はじめに、主催者を代表してDNAの理事であり、PTA会長等も歴任されてきた亀田慎也より、「学校と社会が開かれていくことの意義」をお話させていただきました。
■事業報告2017と、この先に目指していくこと-。
第1部では、事務局長の辻岡からDNAの事業報告を行いました。

「この場で、まず、お礼と感謝の気持ちを伝えさせてください-。」
■事業報告2017と、この先に目指していくこと-。
辻岡は、2017年度の1年間を振り返ります。

公教育に携わっているDNAが行う授業は、学校の先生とともに生徒に「社会のつながり」を届ける授業です。そのほとんどは、寄付をしてくださるサポーターや、生徒に伴走するセンパイ(ボランティア)、学生メンバーによって届けることができています。ともに生徒の成長に携わる人々
が多い活動だからこそ、毎年このような報告会を通じて1年間の成果や課題について直接共有できること、とてもありがたく感じます。今日、残念ながら駆けつけることができていない方々も含め、みなさんに感謝しています。本当にありがとうございます。

お礼の後、「未来の教室」「ライフデザイン講座」などを中心にDNAが行ってきた1年間の事業成果をお伝えしました。
今回の事業報告会には、昨年度DNAの授業を受けてきた高校生(当時)が駆けつけていたので、彼女たちから学びや感想を語っていただきました。

授業を受けて、成長できたことがたくさんあった。まずは、人を頼れるようになった。本音を言えば向き合いたくなかった過去と向き合ったり、それを周りに発表したり、初めはすごくすごく嫌いな授業だった。でも、ずっと目を背け続けてきたこととしっかりと向き合って前向きになれたり、それを発表した時に周りが真剣にきいてくれたり、一緒になって考えてくれているのを見て、周りに対する見方も変わった。1人でいるのが一番楽でいいって思っていたけど、今はもっともっと人とかかわっていきたいと思えるようになった。先生と、みんなと、この授業を一緒につくることができてよかった。(高校生の「学びの振り返り」より)


そしてこれからの1年。
どんなことを目指して、ここ群馬の地で教育事業を展開していくのか?についての方向性について、お話をいたしました。


また、毎年恒例であるDNAの活動を担う学生メンバーの紹介を行いながら、それぞれ活動に対する想いを語りました。
(中高生と関わり、対話を行う授業の中心を担うDNA学生メンバー)
(学生職員と、各代の学生メンバーより)
■私たち一人ひとりができることを対話からー。
第2部では、「社会に開かれた教育課程をカタチあるものにするためには?」というテーマで、参加者全員での対話の時間となりました。

とはいっても、なかなか話には入りくいので、今回はDNAが日々ともに授業を届けている先生お二人の想いや考えを語っていただく時間を設けました。

普段は、“代弁者(DNAスタッフ)”を通じてしかサポーターやセンパイに共有できない、お二人の想いを直接共有していただきました。
■私たち一人ひとりができることを対話からー。
左:小林先生、中央:反町さん(ファシリテーター)、右:瀧本先生

その後は、参加者全員での対話の時間です。
言葉通り立場・所属・年齢を越えて、中高生を取り巻く教育環境をさらに社会に開かれたものにしていくために、私たち一人ひとりができることや、協力し合えることについて考えていく時間になりました。
■中高生が、社会とのつながりを手にするために-。

全員での対話が終わり、事業報告会も終わりです。
会の終わりに、DNA代表理事の沼田翔二朗よりご挨拶をいたしました。

■中高生が、社会とのつながりを手にするために-。
私なりに 「社会に開かれた教育課程」を一言でまとめると、「生徒が、よりいろんな人と関わり、対話しながら成長する経験を得られる3年間を過ごす」ということです。私たちは、中高生がここ群馬で当たり前のように社会とのつながりを手にできる教育環境を創りたいと活動をしています。そのために、学校の先生を始め、たくさんの人々と関わり、対話を通じて、日々自分たちに問いを立て続けながら仕事をしています。

そんな日々の中で、気づいたことがあります。

それは、ここ群馬の学校には生徒の成長を願って日々携わっている先生がいるという事実と、ここ群馬という地域社会には先生と生徒を応援しようとしている人がいるという事実です。これからも私たち一人ひとりが、一人のひととして関わり、対話し合える関係を土台に、群馬の中高生の教育環境をよりよくしていきたいです。

これからもみなさんとともに、頑張っていきたいです。本日は、本当にありがとうございました。
■参加者の声・感想(一部抜粋)
□まずは、となりにいる人たちから。
□立場とか枠で話すことも重要だけれど、自分自身として話す、向き合うことは大切!
□ほんの一言でも、自分を応援してくれる人がいることを知るだけで生きる勇気につながることを。“開かれた教育課程”はそういう人と人との出会いの場・つながりの場になってほしいです。
□その子のことを「変える」のでなくて、その子の話に耳を傾けて、その子自身が「変わっていく」のを見取っていきたい。
□“従来”の学校を成立させていた“幻想”(教師、生徒の間にある階位性など)が消えつつある中で、生徒を軸にした学びを作り出していくことが必要になってきている。
□DNAに寄付を通じて応援してきた理由が、今日また増えたように思います。
■参加者の声・感想(一部抜粋)
■少しでも興味がある方へ-。
DNAを通じて、群馬の中高生の成長に携わる関わり方は様々です。
「子ども・若者と、社会をつなぐ」ための教育活動を行っているDNAを応援ください。

■NPO法人DNAについて
DNA(ディエヌエー)は、群馬の高校生に「関わり」と「対話」を軸にしたキャリア学習プログラムを届けているNPOです。
群馬の地域社会にいる「社会とのつながり」と、おそれず1歩目を歩む「挑戦機会」を手に入れられる教育環境づくりに力をいれています。

授業を担うのは、センパイと呼ばれる大学生・社会人ボランティアスタッフ。
授業を支えるのは、DNAマンスリーサポーター。




センパイに興味ある方は・・・
「センパイ説明会」へお越しください。群馬の中高生の成長に携わりたい方は、センパイとしてともに授業を届けませんか?


■サポーターに興味ある方は・・・
「サポーターになる」からご検討ください。
月1,000円からのご寄付を通じて、ここ群馬に新しい教育のカタチをつくるDNAマンスリーサポーターです。サポーターのみなさんには、
毎月1度のメールマガジン、事業報告書の送付、各種イベント等のご案内などをお送りしています。
「直接活動には参加できない。けれど群馬の中高生を応援したい」という方は、サポーターとして参画してみませんか?

■もっと、活動について知りたい方は・・・
「お知らせ一覧」をご覧ください。日々の授業の様子などをご覧いただけます。

■DNAの活動について「広める」「知りたい」方は・・・
「Facebook」「twitter」等をご覧ください。

お問い合わせ

寄付して応援