【開催レポート】&people003-きょうちゃんと学ぶ、高校生に寄り添うセンパイの関わりと対話について

TELMENU
HOME
初めての方へ
学生メンバー紹介
DNAの取組
センパイになる
ご支援・ご導入
お知らせ
サイトマップ
お問い合わせ

NEWSお知らせ

【開催レポート】&people003-きょうちゃんと学ぶ、高校生に寄り添うセンパイの関わりと対話について

2018.09.09 活動レポート

2018年6月14日に、「&people003」を開催しました!

当日は「きょうちゃんと学ぶ、高校生に寄り添うセンパイの関わりと対話について」というテーマで、参加者15名ほどのみなさんと時間を過ごしました。

今回のゲストは、センパイとして何度も「未来の教室」を届けているきょうさん。群馬県内で対話の場づくりを行っています。

センパイとしての語りはもちろん、きょうさんが高校生と関わり、対話することにおいて大切にしていることを共有してもらいながら、参加者のみなさんとも対話する時間を過ごしました。


目の前の生徒と、一人のひととしてどう関わるのか?
「これが正解」という答えは出ずとも、その場に居合わせる一人ひとりが大切にしていることを語りながら、仕事でも、家庭でも、どんな場面でも大切にしていきたいことを話し合った有意義な時間となりました。


ともに授業を届けるセンパイも、埼玉から駆けつけていただいた方も、ご参加されたみなさん、ありがとうございました。

【開催概要】

「&people003」では、群馬の中高生に届けているキャリア学習プログラム「未来の教室」にセンパイとして参画している“きょうちゃん”こと、反町恭一郎さんをお招きして開催します。

 

「未来の教室」において、中高生に関わり、対話を担うのはセンパイ(大学生・社会人ボランティアスタッフ)。

社会人として参画するセンパイの多くは、平日に授業を実施するために、有給を活用していただくことがほとんどです。

そして参画するセンパイの多くから、「他のセンパイの語りを聴いてみたい」「他のセンパイが、どう中高生に関わっているのかを知りたい」という声がよく挙がります。

 

そこで今回の「&people」では、これまで何度となくセンパイとして「未来の教室」を届けたきょうちゃんとともに、実際にきょうちゃん自身がどのような語りを届けているのか?を聴き、どのように生徒に関わり対話しているのか?について、参加されるみなさんとともに学んでいきたいと思います。

 

 

中高生の成長だけではなく、友人や大切な人、職場におけるコミュニケーションについても振り返る機会になるかもしれません。平日夜ですが、ぜひ足をお運びください。

■テーマ:きょうちゃんと学ぶ、高校生に寄り添うセンパイの関わりと対話について

■日時:2018年6月14日(木)19:30-21:15 (開場19:10)

■場所:DNA事務所(群馬県高崎市鞘町10 立駐高崎ビル3F 高崎中部名店街内)
■今回の&な人:反町恭一郎さん センパイネーム・きょうちゃん

■プログラム:

・19:30- チェックイン&参加者 自己紹介

・19:45- DNA・「未来の教室」紹介

・20:00- きょうちゃんによるセンパイ語り(実際に高校生に届ける経験談を語ってもらいます)

・20:30- 参加者全員とフロアトーク

・21:15  チェックアウト・終了

■「& people」とは?

教育NPOであるDNAがお届けする、「つながりの、はじまり。」をコンセプトとした場。 「& people」は、毎回、様々な人たちの素敵な想いや経験を分かち合えるような場を目指しています。様々な世代・フィールドの人たちと、当日居合わせた “みなさん(people)” が “ともに(&)” という意味を込めて、「& people」と名付けました。 この場が、ひととひととをつなぐきっかけになり、新たな世界や可能性を引き出すつながりが生まれてほしいという想いから、この「& people」がうまれました。

お問い合わせ

寄付して応援