群馬の高校生に向けたキャリア学習プログラムを届けるNPO法人DNA

TELMENU
HOME
初めての方へ
学生メンバー紹介
DNAの取組
センパイになる
ご支援・ご導入
お知らせ
サイトマップ
お問い合わせ

NEWSお知らせ

【開催報告】お互いに応援し合える関係を。-センパイmeetsUP2018

2018.04.06 活動レポート

キャリア学習プログラム「未来の教室」

2017年度の1年間を通じて、たくさんの群馬の中高生に、「多様な人とのつながり」「自ら動いてみる経験」を届けてきました。
群馬の中高生の成長を支えてきたのは、170名を越えるセンパイ(大学生・社会人ボランティアスタッフ)。
 
センパイたちの「暖かい関わり」「豊かな対話」を軸に、中高生がおそれず未来を言葉にしたり、自分で動いてみよう / 動いてみたという経験を手にしてきました。

センパイとして参画するためには、所定の研修を10時間以上取り組まなければならないため、少しハードルが高い「教育ボランティア」です。

それでも、時間と気持ちをかけて、、群馬の中高生の成長を願う「社会」の存在であるセンパイたちが参画している。
そのセンパイとの関わりと対話を学校教育に届けていくことを、DNAでは大切にしてきました。


そんなセンパイたちを労う意味も込めて、ささやかながら「センパイmeetsUP 2018」と称し、センパイ一堂が集まる場をひらきました。

本記事では、「センパイmeetsUP 2018」の様子をお届けします!

■「未来の教室」2017 プレイバック-。

「センパイmeets 2018」は、群馬の中高生の1歩目を後押しする「センパイ」同士が、1年間の活動をたたえあって、お互いに応援し合える関係を育む時間ですー。


進行をつとめるDNA学生メンバーさっちゃんからの、そんな声掛けから始まった「センパイmeets 2018」。

■「未来の教室」2017 プレイバック-。
当日は、社会人のセンパイ、DNA学生メンバー、そして先生方など、およそ50名のセンパイが集まりました。

「乾杯」の前に・・・
代表理事の沼田から2017年の1年間、どのような中高生に、「未来の教室」を届けてきたのか?どのような生徒と関わり、どのような声があったのか?授業後に、どんな変化があったのか?について、センパイのみなさんに共有しました。



そんなことを共有しながら、さらに沼田はこう続けます。

もう乾杯をしたいと思いますが(笑)、もう一つだけ。先日3月1日に、2年前に「未来の教室」を届けた高校生が卒業を迎えました。その日の夜、当時担当してくださった先生から一通のメールが届いたので、ご紹介させてくださいー。


センパイとともに県内の学校に通う生徒たちに届ける「未来の教室」。
ここでは、暖かい「関わり」と豊かな「対話」を軸にしていますが、先生方、センパイ方、そしてDNA事務局(もっと言えば、寄付で応援してくださるサポーターのみなさんも)の総力戦です。

毎日生徒の成長に携わる先生方の想いや関わりが根っこにあってこその“授業”であること、そこにともに創り上げる“授業”であることを感じるエピソードです。

■「はじめまして」も「ひさしぶり」も、同じ仲間としてー。
プレイバックが終われば、ようやく「乾杯」!!

それぞれの学校に出向くセンパイたちは、毎回違います。
だからこそ、センパイ同士も「はじめまして」・「ひさしぶり」もいますが、中高生と関わり、対話をする上で感じた葛藤や悩み、喜び、、、
ある意味、共通経験をしているセンパイ同士の関係が縮まるのも早い!すぐに、あたたかい雰囲気となりました。

■「はじめまして」も「ひさしぶり」も、同じ仲間としてー。
美味しい料理をつまみながら・・・
交流しながら・・・
あっという間に時間は過ぎますが、なるべく「はじめまして!」でも「ひさしぶり!」でも、みんながともに豊かな時間を過ごしてほしい!という想いから、いくつかの工夫もしてみました。
(チェックインシート・・・誰もが話ができる工夫)
(懇親会にはお馴染み、席替えくじ)
■「関わり」と「対話」の源泉は、このあたたかさからー。

今回が初開催となる、この企画。
企画をしてみて、改めて感じるのはセンパイたちがもつあたたかさでした。

センパイたちは、研修を通じて、じぶん自身の「あり方」が問われることは少なくありません。その「あり方」が問われる経験は、時にポジティブなものでもありますが、時に「いまの関わりで、本当に良かったのかな」とじぶん自身に疑問をもつものでもあります。

しかし、そんな時にでも、自己開示を通じて、それぞれがお互いに関係を育み、その関係性の束こそが、「未来の教室」のあたたかさの源泉にも思えます。

そして、何よりわたしたちセンパイ同士が、お互いに応援し合うこと
そんな関係から成り立つ「未来の教室」で、中高生たち同士が「何かやってみよう」・「それ、いいね!」と応援し合える関係を育むきっかけをつかむことになる。

そんなあたたかさのある「未来の教室」を、この1年も群馬の中高生に届けていきます!





■学校教育現場に出向き中高生の成長に携わる「センパイ」に興味ある方は、「センパイ説明会」へ!

■「センパイコミュニティ」に興味ある方は、こちらのブログへ!
【事例報告】センパイコミュニティづくりについ

■「未来の教室」はどう出来上がるのか?その過程に興味ある方は、こちらのブログへ!
先生たちと、ともに創る授業ー「未来の教室」ができるまで(1/3)

■「未来の教室」の実施例に興味ある方は、こちらのブログへ!
“内発的な動機”は、高校の先にある学びの面白さを実感することで育まれる!?
“挑戦”と“仲間”をつくり、高校3年間に向けたスタートダッシュ!

■日々の活動情報を知りたい方は、DNAフェイスブックへ!

■ご寄付を通じて、群馬の中高生に授業を届けるサポーターに興味ある方は、「サポーターになる」へ!

お問い合わせ

寄付して応援