[事例報告]「挑戦・学び・成長」を生み出すためのコミュニティづくりとは? | NPO法人Design Net-works Association

[事例報告]「挑戦・学び・成長」を生み出すためのコミュニティづくりとは?


2017年3月25日(土)に東京で開催された【コミュニティフォーラム2017「進化し続けるNPOが実践する、強くあたたかい組織づくりとは」】に、DNAから代表・沼田が事例報告しました。

 

 


■「挑戦・学び・成長」を生み出すための「安心・寛容・自己開示」のコミュニティ


フォーラム全体としては、“強くあたたかい組織づくり”をテーマに、「人と組織のマネジメント」の想い・考え・ノウハウなどを、幅広いテーマ&エリアで実践されているみなさんと分かち合うフォーラムでした。

 

沼田が、担当した分科会のテーマは、「コミュニティ教育~コミュニティ活動を通した人づくり」。人と関わり、対話を通じて育む関係性において、高校生はどのように自己開示し、日常に向けて1歩を踏み出していくのか?それらの関係性をどのように育んでいるのか?について、紹介させていただきました。

 

 

私たちが大切にしている考え方は、「挑戦・学び・成長」は、「安心・寛容・自己開示」の関係性から生まれる、ということ。

 

センパイである学生メンバーは毎週1度のミーティング、社会人のみなさんは事前に約10時間程度の研修を通じて、私たち自身がそれぞれのことを応援しあえる関係をつくることを意識的に取り組んでいることをお話ししました。

 

事例報告の後には、他の報告者、参加者の方々と意見交換をしながら、“コミュニティ”の奥深さについて、対話する場でした。テーマもエリアも違えど、“強くあたたかい組織づくり”のために取り組んでいる事例から共通点を見出しながら、改めて自団体のことを捉えなおすことができた機会でした。

 

コミュニティフォーラム2017全体の様子

 

主催であるNPO法人CRファクトリーのみなさん、報告者のみなさん、参加者のみなさん、貴重な機会をいただきまして、誠にありがとうございました!

 

■事例報告スライド公開!コミュニティフォーラム2017で報告された内容はこちらから

■主催団体であるNPO法人CRファクトリーについてはこちらから