【レポート】群馬県立桐生西高等学校2年生120名へ「未来の教室」を届けてきました! | NPO法人Design Net-works Association

【レポート】群馬県立桐生西高等学校2年生120名へ「未来の教室」を届けてきました!


2016年11月24日(木)、群馬県立桐生西高等学校2年生120名へ「未来の教室」を届けてきました!

■“未来の教室”とは?

【企画書】“未来の教室”プログラム

-未来の教室とは、主に高等学校に通う生徒のためのキャリア学習プログラムです。7名の生徒と、1名の大学生・社会人ボランティア(センパイ)との対話を基本としながら、生徒の主体性としなやかな心を育むことを目指しています。

-生徒にとってまだ上手く言葉にできない未来を言葉にし、ほしい未来を獲得するために日常の行動に結び付ける。そのために少し先を歩むセンパイたちが経験談を語り、伴走します。

■今回の未来の教室は!

%ef%bc%bb%e9%81%8b%e5%96%b600%ef%bc%bd%e6%8a%95%e5%bd%b1%e8%b3%87%e6%96%99_%e6%a1%90%e8%a5%bf%e9%ab%98%e6%a0%a1%e4%bc%81%e7%94%bb20161124

今回、届けた生徒は群馬県立桐生西高等学校2年生120名の生徒のみなさん!

高校2年生ということで進学や就職を少しづつ考え始めているものの、多くの高校生は漠然とした不安が目の前にあります。

「大学にいけるかな?」「じぶんが何をしたいかわからない」「就職できるかな?」「就職しても働き続けられるだろうか?」「未来が心配」などなど

不安や悩み・壁はひとそれぞれ。そんな不安を感じながらも少しづつ解消していくことを狙いとして行いました!

 

■未来の教室スタート!

15303811_1209329202479397_1527997477_o

 

●高校生がから話を引き出す!004a9994

●センパイ語り!

  ●社会人

   トラウマなんてたくさんあったし悩んでばかりだけど。

   まずは行動をしてみることで変わるんだ!

004a0070

  ●大学4年生

   夢中になれるボクシングに出会えたけどケガしてしまいヒマな生活に逆戻り・・・

   でも、諦めたくないから必死に考えた!

004a0027

  ●社会人

   いつも周りに流されて生きてきた。

   だけど浪人時代の出会いがきっかけに自分を取り戻すチャンスに!

004a9980

●今の気持ちを模造紙に書いてみよう!

■正解なんてない。心の奥の気持ちを対話で引き出す!

ついつい周りの友達に流されてしまったりして、なんとなく楽しくて・嬉しくて・日々を過ごすことが多い高校生たち。

ふと後ろを振り返ったとき「自分は何がしたかった?」「自分は何が好きだったんだっけ?」「自分はやりたいことがない?」

そんなことを考えると何も浮かばず気持ちが沈んでしまったりする。

だけど、それは当たり前の事。だって、今まで考えたことがあまりなくて何となく過ごしていたんだから。

でも、今日考えてみようよ!心の声を聞かせてよ!好きなものはゲームは?ドラマは?遊びは?一つひとつ少しずつ小さなことだっていい本当の自分をセンパイとの対話を通じて見つけて取り戻していこう。

そんな高校生たちの初めの一歩目を大学生から社会人まで総勢25名で一緒に踏み出しました!今日がスタートだ!